王心凌(シンディ・ワン)、華流ブームを巻き起こせ!

台湾アイドルであり、シンガーでもある王心凌。そんな彼女が日本デビューを果たすまでの動向を綴った日記。

2100円で海外旅行する方法!
王心凌(シンディ・ワン)壁紙画像館

当ブログは、華流ブームに関する情報が豊富です!
特に、人気アイドル王心凌(シンディ・ワン)の壁紙数には自信あり!
ランキング投票】してくれれば、さらに増えていきます♪

※王心凌って誰?→【Yahoo!ニュース】 【プロフィール】 【動画】 【詳細情報

シンディの4thアルバム「Cyndi with U」の入手は【冬ソナ.com】で!
最安&最速&限定特典付きで手に入ります!(購入済み)

※02/07追記。
なんと4thアルバムが50%OFF1,499円になってました!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在、卒論のテーマとして広告を扱っています。


書籍を読んでいるとあることに気が付きました。


現在、1960年代に流行った広告手法が使われている!


「タ~ラコ~、タ~ラコ~、タ~プリタ~ラコ♪」


おっと、これは佐藤雅彦氏の


「ポリンキー、ポリンキー♪」


「モルツ、モルツ、モルツ♪」


「スコーン、スコーン♪」


と同じタイプではないか?商品名ではないが。


商品名連呼で消費者に印象付ける。


おそらくみなさんも
頭の中に残っているのではないだろうか。


どうして、今頃になってまたこの手法が使われ始めたのか。


おそらく、現在インターネットをしながらテレビをつけるという
「ながら視聴」が増えてきているからであろう。


インターネットは自発的動作を起こさなければ、機能しない。
つまり、受動的接触が可能なテレビは見られていない可能性が
高いのである。


そのため、広告主は音声でいかにアピールするかを考えたので
あろう。


ちなみに、1960年代の時はこの「商品名連呼」は
コマーシャル・ソングと絵柄の動きを同調させるために
用いられた。

あなた様にポチポチ投票1回お願いしてもいいですか?


【参考文献】
「広告」への社会学 難波功士
新広告論 亀井昭宏




スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
スコーン好きでした。
スコーンスコーン湖池屋スコーン♪てヤツでしたよね。
懐かしいですv-398
2005/11/27(日) 21:56 | URL | 悠璃 #5fkKDS9A[ 編集]
コメントありがとうございます。
そうです!湖池屋のCMです★
湖池屋は今でも連呼してますよね!
2005/11/27(日) 22:16 | URL | @君 #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして

TBから参りました。
TBありがとうございました。

夢に向かって、邁進なさって下さいね★またお邪魔します。
2005/11/29(火) 07:37 | URL | エリカ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
はい、これからも頑張っていく
のでヨロシクです♪
2005/11/29(火) 16:25 | URL | kizunakizu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dokuda.blog26.fc2.com/tb.php/40-673d52d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
つい今しがた知ったのですが、 たらこキューピーの抱き枕があるらしいです。Σ(゜A゜* でかいらしいです。ΣΣΣ(゜A゜* 欲しいです。←デブたら。 そしてキューピーの正式表記が キユーピーだということもたった今知りました。 どうでも良
2005/11/27(日) 21:52:18 | Classic堂
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。